文学、芸術、社会、歴史──。ともすれば烏有となる著作を掬い上げる文芸・人文書出版社、烏有書林(うゆうしょりん)のウェブサイトへようこそ。
 紙の書籍に基軸を置き、できれば、毒か薬になるような、読みがいのある本をつくってゆきたいと思います。ぜひご一読を。

News

Top固定 2022年2月現在、烏有書林の本は書店ですべて定価で購入可能です。Amazonではカートが閉じていたり、カートが開いていても転売屋が定価以上の高値をつけて「新本」として売っていたりするので、くれぐれもご注意を。その場合はお近くの書店か他のネット書店でご注文ください。→ 烏有書林の本があるお店リスト
5月4日 レンタルサーバーの仕様変更により、烏有書林HPの「書籍一覧」「内容詳細」ページや検索ページが表示されなくなっています。今ちょっと忙しくて直す時間が取れないので、しばらくの間、目次などの細かい内容については 烏有ブログ・新刊案内 等をご利用ください。
3月31日 どうやら小社 info@〜宛のメールアドレスが、昨年末から受信不能になっていたようです。原因はよくわからないのですが、先ほど復旧しましたので、もしこの間にinfo宛にメールを出された方がいらっしゃいましたら、再度お送りいただけましたら幸いです。お手数をおかけして誠に恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いいたします。
2月16日 Amazonで数年ぶりに『高岡重蔵 活版習作集』のカートが開き、定価・無料配送で買える状態になっています。Amazonでしか本を買わない方は、この機にぜひ。これを逃すと次は何年後になるかわかりません……
1月4日 2022年1月現在、烏有書林の本は書店ですべて定価で購入可能です。Amazonでは『ペガサスの挽歌』(税込2640円)、「高岡重蔵 活版習作集』(税込4180円)などが「新品」として定価の1.5〜2倍の金額で売られているのでご注意を。これらに関してはAmazon以外の書店でご購入下さい。

News バックナンバー販売書店リスト

新刊&近刊

書影

高岡重蔵 活版習作集
My Study of Letterpress Typography

高岡重蔵

優れた欧文組版で知られる嘉瑞工房・高岡重蔵の活版印刷作品集。作品解説および使用書体リスト付き。
《第10回竹尾賞デザイン書籍部門・審査員特別賞 & 第48回造本装幀コンクール・日本印刷産業連合会会長賞 W受賞!》

2013年4月8日発行 本体 3,800円+税 【2021年9月復刊】

* * * * * * *

書影

黄金風景 ──シリーズ 日本語の醍醐味(9)

太宰治

「生きていることへの感謝の念でいっぱいの小説こそ、不滅のものを持っている。」(「感謝の文学」より)
何度も自殺未遂を繰り返した太宰は、底抜けに人を愛する、限りなく優しい男だった。心温まる話と、めくるめく言語マジック。愛とユーモアに満ちた清新な作品集。全23篇。

2021年6月19日発行 本体 2,400円+税

* * * * * * *

書影

ペガサスの挽歌 ──シリーズ 日本語の醍醐味(4)

皆川博子

「激しく、罰せられている。私は、罰せられている。」(「黄泉の女」より)
燦爛(さんらん)たる幻想。自由への憧れ。性の冒険。狂気と孤独。貴重なデビュー前の児童小説を含む、待望の1970年代単行本未収録作品集。皆川文学誕生の秘密がここにある。

2012年10月10日発行 本体 2,400円+税 【2020年12月増刷】

* * * * * * *

書影

欧文組版 タイポグラフィの基礎とマナー〔増補改訂版〕

高岡昌生

日本における欧文印刷の第一人者、嘉瑞工房・高岡昌生が指南する、本格的な欧文組版解説書。過去の自分の仕事をすべてやり直したくなるくらい衝撃的な本。

2019年7月5日発行 本体 2,800円+税

* * * * * * *

書影

廃墟の眺め ──シリーズ 日本語の醍醐味(8)

吉行淳之介

「私たちの行手に、また廃墟が現れてきた。」(「廃墟の眺め」より)
忍び寄る不安。胸にともる灯。世界の底から響く音。驚くほど詩的で繊細、かつ感覚的でなまめかしい吉行淳之介の傑作短篇集。

2018年1月23日発行 本体 2,600円+税

* * * * * * *